本文へスキップ

アイナメ・ソイ・ヒラメ・カレイ・メバル等の青森県階上沖の船釣り中心に青森県南釣り情報をお届けします。

釣り日誌2017年分

12月16日 階上沖メバル五目船釣り

薄紅のウスメバル 階上の
海面にユラユラと漂っていく〜
見つけたカモメ急降下
クチバシて挟み逃げてゆく

船縁で胴付きにエサを付け
50mラインに落とし込む
何匹もハリについてくる
メバル、ガヤ、小さなソイと〜

こんな風の強い荒れた日は
メバル五目少しキツイ〜
手際悪い私に 何故だか掛かる
少しだけ細目に作ってよかった〜

山口百恵 コスモスに乗せて

毎年ラストの釣行は”中止”と言う二文字で
終わっていたが、今年は何とか出れました。
しかし、その階上沖で管理人@クロフネを
待ち受けていたのは、風と波と心強さと
では無く、ウネリで発生する三角波であった!


冬時間となり7時出港と出船時間の遅くなった
階上沖。少し早めに行くとさかちゃんの店では
受付真っ盛り。大阪のオッチャン、ミヤさん、
そして師匠マッチャンが店内に。マッチャン
より、この前はナタで良型ソイ釣れたよと
アドバイスを受けたが、さかちゃんよりH丸
本日メバルの為、マスナタ禁止令が発動。
大人しくメバル一筋でヤル事に。

受付を済ませ漁港に行くと風が少し強い感じ。
さかちゃんや他の船頭さんより午前勝負との
事で出船。

ポイントに着くと、ウネリと風により操船も
難しそうで何とか仕掛けを投入。
一投目からガンガン引き上がってきたのは
良型のソイと小さなメバル1匹。

三沢沖と同じ竿を使っていたので、前回の
重さ(80号)を身体が覚えている。
120号でこの柔らかい竿では根掛かりか
オモリなのかが良く解らない感じで重い。
徐々に慣れていくと、マンガンまでとは
いかないが4〜6匹づつ釣れてくる。


前回の三沢沖よりも風が強い為、魚を外す、
風が吹く、仕掛けが絡む、解く、エサを
付ける、投入と一仕事多くなり大苦戦。

アイナメもヒラメもダメで何が釣れるかと
いうと・・・メバルしかない。
揺れる船上にしがみ付き、歯を食いしばり
老眼になりつつある両目でエサを取り付ける。
それに反応するかのように、階上のメバルは
喰いついてくれ、徐々に釣果を上げる。

しかし、ここで風向きが怪しい・・・。
”北”からの攻撃に弱い管理人@クロフネ
北西の風が吹き始める。何故か酔いは
しなかったが、メバルが釣れて来ない、
来ても金魚サイズが1匹・・・。

その後、風が強くなり仕掛けがマツり
操船が難しくなった為、さかちゃんより
早上がりとの判断で終了。

11時半早上がりでの
管理人@クロフネの釣果は
サイズ測れそうなメバル、ソイ
ガヤとそれを含むクーラー写真。




今回は80匹ぐらいかなと
35リッタークーラー85%ぐらい。
わん太郎さんは
メバル65匹 ガヤ4匹、ソイ2匹。

小物のサイズは三沢沖と同じぐらいで
10cm〜30cm。

釣果写真上から2匹目のソイはメバルを
喰いながら上がって来ました。一石二鳥?

他にはガヤの良型が釣れて、明日の煮付けが
楽しみです。


本日ご同行した、わん太郎さん、ジェリーさん(麦酒ありがとうございました)、乗合の方お二人、
そして風、波、ウネリと難しい操船大変だったさかちゃんお疲れ様でした。

7時から11半頃までの時間、ウネリ、風等の悪条件、管理人@クロフネの手返しの悪さ等を
考えれば良い釣果でした。しかしこの時期、天候が悪いのは当たり前。少しでも出れそうなら
今年好調のメバル五目を楽しんだ方が良さそうです。

三沢沖に出たマスナタマイスターフクスケさんは、マスナを振りヒラメ3枚を上げたようです。
個体数は少ないようですが、潜んで知る寒ヒラメは要るようです。マスナタ好きのかたはコチラも良いかと。

12月は2回出撃したので、これが今年最後の釣行だと思います。
今年も、階上沖の船頭の皆様、三沢沖の船頭の皆様、ご同船した皆様、本当にお世話になりました。
仕事や家の事等で忙しく、メンバーの皆様をあまりお誘いできませんでしたが・・・来年もご了承ください。
いつもお誘いくださるフクスケさん、来年も誘ってください。

来年も釣れない管理人@クロフネ、お世話になると思いますのでよろしくお願いします。
では皆様、早いですが良いお年をお迎えください。

では、来年も階上沖で! 


[PR]釣具のカスタムパーツ販売【DRESS】