本文へスキップ

アイナメ・ソイ・ヒラメ・カレイ・メバル等の青森県階上沖の船釣り中心に青森県南釣り情報をお届けします。

釣り日誌2017年分

10月15日 三沢沖マスナタヒラメ船釣り

お久しぶり〜ねぇ 二桁釣るなんて
毎回あんまり釣っていないので〜
クロフネ少しは 上手くなったでしょ
今日の釣竿は借り物だか〜ら〜

ヒラメだけのつもりが 
ソイもイナダも釣れて来て
次回釣れなくなりそうで何だか怖い〜

砂地や根を攻め岩盤へ 
ヒラメのアタリが遠くなる
あそこへそろそろ行くのかな ロストが怖い〜

漁礁へと漁礁へと向かっていった
ゴリゴリとガリガリと壁に当たっている〜

小柳ルミ子 お久しぶりね に乗せて


フクスケさんからのお誘いと子どもの行事が
重ならず、カミ様よりOK。北西の風が吹く
予報の三沢沖で管理人@クロフネを待ち受けて
いたのは徐々に険しい所を攻めていくS丸
船長であった。

本日はフクスケさんとヤマヤンさん、乗合の方
2名、そして管理人@クロフネの5人。
船はS丸。

薄暗い内に着いたポイントでは軽く振ると
グググゥと遊んでくれるヒラメ達。
リリースをしながらこのポイントで3枚。
後側でタコベイトで狙っていた方にも
喰い付いたらしく今日は少し活性高め?

次のポイントでは岩盤や砂地の所を攻めると
ここからヒラメマイスターがいつものように
怒涛の攻めを見せる。

管理人クロフネと話をしていると、会話が
止まり竿先を見ると、ククッを喰いついている
様子。タイミングを見計らいアワセを入れ
釣り上げる!釣り上げたヒラメは手際よく
絞めバケツへ。


ある程度流れると、ポイントから離れるらしく
アタリがピタリと止まる・・・が、
船頭さんが”移動しますか?”と言うと
フクスケさんも、ピタリと止まる・・・
そしてウィーンと電動リールの音。

何をどうすればそうなるのか?
イワシに千円札を丸めていれているのか?
イワシを何かしら怪しい液体に浸けてるのか?
もしかして・・・イワシじゃないのかと
色々考えましたが・・・ウデの差です。

砂地や岩盤でアタリが遠くなり、一か八かの
ロスト覚悟で漁礁へ向かう事に。
穴に落ちたり、横壁をガリガリと擦ったり
しながらデカい一枚を追い求めるも80cm
オーバーやイシナギは出ずに本日終了。

何とかヒラメ二桁に届いた
管理人@クロフネの釣果は
ヒラメ 11枚
小ゾイ 5匹(飲まれリリース不可)
イナダ 1本
サバ 1本でした。

フクスケさんはヒラメ16枚だったようです。



北西の風が吹く予想でしたが、思ったよりも
天候は悪くならず管理人@クロフネも
酔わずに最後まで釣る事が出来ました。

今日は船頭さんのチョイスが良かったようで
飽きずにヒラメと遊んできました。
ただ、リリースサイズのヒラメやフグも
いるのでイワシは少し多めに持ち、
塩イワシよりも冷凍イワシの方が
光り方が良くヒラメにもよく見える
ようです。

できれば5パックぐらいがいいと思います。


本日ご同行した、フクスケさん、ヤマヤンさん、乗合の方2名、そして今回はあまり気を使わずに
楽に操船できたと思うS丸船長、お疲れ様でした。

今日は釣り仲間Sさんより借りた ショートアームLC 120−180(前回ボウスの為、
未だ魚を掛けていない)で釣りました。
レプンカムイより柔らかめですが、軽くて釣りやすくさかちゃんからもオススメの一本です。
管理人@クロフネは120−150を買いましたが、ヒラメはやはり180cmの方が断然よいです。
Sさん代わりに魂入れしておきました。

この季節になり、やっとヒラメも口を使うようになったようです。先週も釣果は良かったようで
上り調子かもしれません。今日釣った一番大きいヒラメは胃袋にパンパンに小魚が詰まっていました。
水温は去年より下がっていうらしいですが、まだまだマスナタでのヒラメは楽しめそうです。


では、また階上沖で


[PR]釣具のカスタムパーツ販売【DRESS】